不動産

最新の賃貸物件の賃貸借契約が成立するのはいつか

画像
賃貸物件を借りるとき、まず不動産会社で物件を選びます。
その段階で申込金などを支払うことがあるかもしれません。
申し込みだけなので、そのまま契約まで行かなければ戻されます。
その後実際に契約することになれば、不動産業者から重要事項説明を受けます。
双方がそれに納得して印を押せば契約が成立します。
この後に支払いをすれば、契約成立後の支払いになります。
一方、重要事項説明前に、敷金相当額を事前に振り込むように言われることがあるかもしれません。
そしてその後に事情があり契約ができなくなり、敷金の返還を求めることがあります。
すると、契約違反とのことで違約金を指しい引いて戻すといわれる場合があります。
まだ契約をしていない状態で違約金の支払いが必要になるかです。
申し込みと契約とは大きく異なり、申し込み段階の支払いは、契約が成立しなければすべて戻されます。
ですから違約金なども発生しません。
申し込みによって他の入居者に断りを入れていても、それを申込者に負担させることはできません。

最新の

画像